誰もが好きになる風俗

満足感はたくさんあるからこそ

一口に風俗で「満足した」と言っても、そこには本当にいろんな手法があるんですよね。男としての喜び、プレイへの喜び、話が楽しかったとか、人としての喜び。満足感と言っても簡単に分ければこれだけありますし、更にはそこから細分化しているんです。だから「風俗で満足しました」といっても、どういった満足なのかまでが問われるというか、満足を求めるのであればより具体的に、どういった満足感を得たいのかを考えるのも大切だなって思うようになりましたね。世の中いろんなサービスが多様化しているじゃないですか。じゃあどうするのかってなった時に、風俗でも自分で何をしたいのかや、女の子はどういった特技を持っているのかを考えるようになりましたね。それによって、じゃあ何をすべきなのかということを考えられるようになるし、自分でも具体的に風俗でどうやって遊ぶのかをイメージすることが出来るので、「どんな満足を求めるのか」が大切なんだなって。

適当に遊ぶくらいが十分じゃないかなと

風俗は適当に遊ぶくらいでいいんじゃないですかね。もちろんいろんなことを考えるのも楽しいとは思いますし、人によってはポータルサイトとかホームページとかかなりしっかりとチェックしているみたいなんですけど、それだけじゃないんですよ。なぜなら、ホームページもポータルサイトも真実が掲載されていますけど、真実のすべてが掲載されている訳ではないんですよね。つまり、それだけでは分からないこともあるってことなんです。だから風俗はある程度勢いというか、みっちり情報収集するのではなくて、ある程度適当くらいでも丁度良いんじゃないかなって思いますよ。それに、風俗のチャンスは一度だけではないんです。何度もチャンスがあると思うので、一度だけのプレに固執して、失敗しないようにと慎重になるよりも、適当に遊ぶくらいの気持ちを持っている方が断然気軽に楽しめるんじゃないかなって。少なくとも自分にはそっちの方が合っているかなと思いますよ。